ブログ

東京都《豊島区 防災ウーマンセミナー》進行役を務めました

 

義達祐未です。

以前に引き続き、東京都主催の「防災ウーマンセミナー」にて進行役を務めてまいりました。

今回も進行をしながらとても学びが多く、素晴らしい機会をいただけたことに感謝しております。

 

 

講師は、浅野幸子様(減災と男女共同参画研修推進センター 共同代表)、吉田穂波様(神奈川県立保健福祉大学 ヘルスイノベーションスクール 設置準備担当教授)、

そして今回は豊島区の多大な協力のもと開催されたということもあり、池袋駅周辺の防災対策について、西村恵美子様(東日本旅客鉄道株式会社 東京支社 池袋駅 副駅長)、市古太郎様(首都大学東京 都市環境科学研究科 都市システム科学域 教授)による説明も行われました。

11月21日 としまセンタースクエアにて 事前抽選250名様のご参加により開催されました。

講演テーマは
「災害対応に女性の視点を活かす重要性」
「災害時、働く女性に起きること 3日間、職場に留まって困ることと必要な知識・対策」

 

前回進行役を務めさせて頂いた際にも、自ら防災意識を持つことがとても大切だということをしっかり感じる事ができその旨を書き記したのですが、今回も新たに感じたことなどを簡単に残しておきたいと思います。

 

池袋(豊島区)の地域性について

池袋は山手エリア3大副都心の一つで、新宿に次いで利用客数は二位。(三位は、渋谷です)
1日平均264万人、年間約9億六千万人以上が利用する巨大ターミナル駅です。
東京都西部や埼玉県南西部からの利用が多く、都心と地方を繋ぐ分岐点ともなっています。

東日本大震災の時の実際の駅構内や周辺の画像なども映しながら、具体的に震災が起きた時の混乱や様々な課題を説明してくださり、私自身、今後震災が起きた際にこのような巨大ターミナル駅にいたら…と真剣に想像を働かせました。

 

災害とは起きた直後から長期に渡り課題が増えていくもの

吉田穂波様の言葉で最初に刺さった言葉がこれでした。

「災害が起こってから出来ることは ほとんどありません」

事が起きてから大変なことに気が付いたり、困ってから解決しようとする。それは誰もが持っている「きっと自分は大丈夫」「今日はまだ大丈夫」などという根拠のない安心や、意識の低さだと思います。

前回も記述したように、支援や物資がすぐに受け取れない可能性もあります。どこで被災してしまうかわかりません。どこで被災しようとも数日間は耐え凌げるだけの、防災知識、そして備蓄(自宅・会社など様々な場所で)を補うことは、一人一人の意識が大切なのです。

災害とは、時間がたてばたつほど、解決しなくてはならない課題が増えるのだと吉田さんは言っていました。
建物が壊れたり、一瞬で景色が変わるあの瞬間から数日間は、逆に「命が助かってよかった」などの感情的な部分が先行しますが、日が経つにつれ、生活していくことにおける様々な課題に次々に直面することになります。

長期的な支援が必要とは、まさにこの部分です。

大都市、東京で大地震などが起きた場合は、日本の中心部が崩壊するわけであって、その復興にもかなりの年数と莫大な金額が必要でしょう。
果たして物資なども潤沢に出回るでしょうか?
人が多く集まるこの場所に暮らしている以上、ある程度頼らずに準備しておく方が得策かもしれませんね。

 

受援力について

「受援力」みなさま、この言葉はご存知でしょうか?

内閣府が勧める防災ボランティアの支援を生かすために必要な力です。
詳しくは、以下リンクを見てみてくださいね。

受援力とは簡単にいうと「他者に助けを求め、快くサポートを受け止める力」のこと。

これこそが、復興を最短で進め、被災で傷ついた人の心を救う大切な役割だと私も思いました。

また、吉田様はこの「受援力」を元に、吉田様なりの解釈で「受縁力」というオリジナルの解釈も提案されていました。

いきなり受援力をと言われてもハードルが高いと感じれば、
まずは、自分の周りの、まずはごく近い人との「縁を高めて」震災に備えようというもの。

日頃から、我慢をしてしまいがちな人は、きっと被災しても避難所などで要望を言えず、辛い事が言えず、心や健康を害してしまう可能性が大いにあると思います。大丈夫。あなたが思っていることはワガママではありません。

そんな人は、まず身近で信用のできる家族・友人から、少しずつでいいので希望や要望を伝える習慣をつけてみましょう。気持ちが伝わったり、要望がわかり助け合えることで、縁が高まります。

少しずつ慣れて、縁を広げて、そしていざ災害が起きた時にも、周りに声を上げ、助け合い、助けてもらう事ができるように。
「受援力」「受縁力」を高めていきましょう。

 

声を上げなければ「支援は足りている」と思われてしまう

性別によって体に起きてくる変化や状態は違います。もちろん個人個人にも差異があります。自分や大切な人、隣にいる人が要配慮が必要な方なのであれば、必要なもの、足りない薬、身体的サポート…何が必要で、何が足りないのか、きちんと提示して「まだ支援が必要なのだ」と伝わらなければ、的確なフォローをする事ができません。

デリケートな問題は、同じ気持ちを共有できる人が支えあう事で、救われたり解決できたりすることもあります。

一人一人の意識を大切にしていきたいですね。

 

 

さて、前回の防災セミナーからしばらくして、私も初めて知ったのですが、こちらの「東京防災」のアプリ、おすすめです。

 

 

 

こちらのアプリは「東京防災」「東京くらし防災」冊子の閲覧と検索ができるので、外出先で情報を読みたい時にすぐに必要な情報にたどり着けます。

また、「災害時」モードでは安否登録や確認、災害情報も素早く手に入ります。

その他様々な機能や、勉強になる、実戦でも役に立つ情報がたくさん入っていますので、いつかの災害の備えにダウンロードして損はないと思います。

冊子を常に持ち歩くのは大変ですからね。

ぜひご参考くださいませ。

 

長くなりましたがお読みいただいて、少しでも防災の取り組みや災害への意識に視野を広げてもらえたら幸いです。

ありがとうございました。

義達祐未

東京都《防災ウーマンセミナー 第一回》進行役を務めました

 

 

東京都が主催する「防災ウーマンセミナー」第一回の進行役を、弊社CEO義達祐未が務めました。

講師として、浅野幸子様(減災と男女共同参画研修推進センター 共同代表)、鶴木由美子様(認定NPO法人難民支援協会(JAR)定住支援部 コーディネーター)をお迎えして、
初めて防災を学ぶ人向けに、災害時に避難生活で起きることを女性視点から学び、また女性の防災人材育成も目的とするものです。

9月17日 東京都庁第一本庁舎にて行われました。

講演テーマは
「災害対応に女性の視点を生かす重要性」
「過去の災害から避難生活で起こることや必要となる知識・対策」

 

=義達祐未より感想=

地震、火災、津波、洪水・土砂災害…
連日報道でも取り上げられ、決して人ごとと思いながら過ごすことはできません。

状況に応じた行動・適切な判断が、あらゆる状況下でできた方が良いのは理想ですが、実際に被災すれば、果たして冷静にそれらを実施することができるでしょうか。

帰宅困難、避難生活、衛生問題、病的リスク、要配慮が必要な人・支援が届きにくい人への支援…次々に解決していかねばならない問題に直面します。

また、本セミナーの重要な点でもありますが、性別による社会的役割に関連した問題も考えていかねばならないこと。
これはウーマンセミナーと言っても、実は女性に限ったことではなく、多様な人が活躍できる場所を考えるという大きな目的があります。観光等で多くの海外からの旅行者もいます。LGBTの方もいます。一概に「男女」という社会的役割の期待や慣習の垣根を超えた、多くの方の防災対策への参画が必要と思われます。
現在、実際に防災対策の決定の現場や災害が起きてからの決定には、まだ女性の参画が足らず、生活ニーズに大きく関わる面に密着した多様な視点が足らないと見られます。
まずは女性に意識を向けてもらい、小さなことから大きな解決に向かうことが今後も含めた課題なのだと思います。

進行役を務めながら、自らの防災意識向上への関心がグッと上がったような気がしました。
私は、MFA救急救護資格も所持しておりますが、応急手当ての知識も、常に実戦を意識しなければ現場で役に立つことはないでしょう。

自然災害に対し、国を始め様々な支援があるであろう事は理解していますが、すぐに支援や物資が受けられるとも限りません。どんな状況下に置かれるか、危険におかされるか、誰にも予測できません。

自分なりの防災意識で、備蓄などの日頃から出来ることから、予測できる困難をまずは知るということ。一人一人の意識で、災害後の数日をどう生きるか。そこまでの考えを持たねばならないと改めて胸に刻みました。

進行役としてではありますが、素晴らしい東京都の取組に関わらせていただけ、大変光栄でした。
講師お二人の視野と解決意識の崇高さにも感銘を受けました。

私も近い未来の防災人材としての自覚を持ってしっかり日々に生かしたいと思います。

 

本日のセミナーでも配布した各リーフレットは、どれも親切で読みやすくなっています。

参加されなかった方でも、市区町村さまざまな場所でお手に取っていただけるものばかりです。「防災」の文字をお見かけになった際は、ぜひ手を伸ばしてみてください。

特に私がおすすめなのは、「東京くらし防災」です。

女性視点の防災ガイドブックになっておりますが(赤ちゃんや子どもと被災する際のアドバイスなども)全ての方が大変参考になる内容となっています。

イラストと文章がバランスよく配置されており、興味深くお読みいただけ、保管しやすく持ち歩きやすいサイズとなっています。

東京都防災ホームページのこちらのページから、閲覧および設置場所の確認ができます。
また、多言語にも対応しております

ぜひご参考くださいませ。

義達祐未

==

 

長野県で製造業を行う企業で、社員様向けの講演を行ってきました。

先日、初めて企業様向けの講演会を行なってきました。

講演内容は「緊張と上手に付き合いながら人に想いを伝えるコツ」です。

キッカケは去年の春頃、会社を立ち上げたばかりの頃でした。

お知り合いの方から「義達さんはセミナーや講師をやったりはしてないんですか?」と聞かれ、特にそのような予定も経験もありませんとお伝えすると、やってみる気はないですかと勧められました。

その方のご勤務する会社は、社員様がプレゼンや発表をする機会が大変多く、 それに対し苦手意識を持つ方も多いとのこと。そんな社員様の様子を見ていて、何か向上するキッカケを提供したく、そんなとき私と出会い、社内で企画立案しようと思い立ったとのことでした。

正直、お話をいただいたときは半分冗談というか、ちょっと言ってみてるだけかな位に思っていたのですが、お話を伺っているうちに、その方の社員様に対しての真剣な思いやりというか、なんとかしてあげたいという気持ちがたくさん伝わってきました。

そのうちに、私にどこまで出来るかわからないけれど、精一杯やってみようという気持ちになり、お引き受けすることにしました。

長野と東京間なので、当日まではメールやFacetimeで打ち合わせをしました。(便利な時代です^^)

打ち合わせをしながら、しっかりと必要な内容とベースを決めて絞っていきました。一概に「緊張」「人前で話すことの苦手意識」と言っても、やっている仕事の内容や環境によって、アプローチは違ってくるものだなあと、資料を作りながら私もあらためて貴重なことをさせていただいているなあと思いました。

そして当日。

自分より年上の、人生の先輩が多い中、どこまでお役に立てる話が出来るのか、未知ではありました。

セミナーのプロではありませんし、いわゆるセオリー通りのお話もできません。

でもせっかく私にオファーを頂いたのだから、行ってよかったと思っていただけるように、芸能時代に培った体験や失敗も交えつつたっぷりお話ししてきました。

自分自身が経験してきたことが、少しでも人のお役に立てるというのは本当に嬉しいことで、私にとっては当たり前のことも、違う立場の方が聞けばすごく新鮮であったりとか…、そんなことを再確認して、とてもいい経験となりました。

キッカケをくださる方には何より感謝しかないのですが、やったことのないジャンルにチャレンジすることで得られたものは本当に大きく、今回は初めての企業向けの講演を「やってよかった」と心から思います。

これを機に、今後もお役に立てる場所にはどんどん立っていこうと思いましたし、そのためにさらにスキルアップ、人間としてステップアップしたいなと思います。

あらためて、この度ご参加いただきました社員様、お引き立ていただきましたご担当の皆様、企業様に感謝いたします。

ありがとうございました^^

講演の前後に、社内を案内して頂いたり、会社としての理念や向上のためのシステムなどご説明いただいたのですが、あまりに取り組みが理想的すぎて感激してしまい…そちらの面でも感銘を受けました。

世の中には素晴らしい会社がたくさんある。アイディアは無限。考える事・行動する事をこれからも止めずにいきたいですね^^

 

CEO 義達祐未