BLOG

【やさいぬファッションアンバサダー】北村悠さんが語る「着こなしの定義!」

 


 

やさいぬファクトリープロジェクトチームです。

先日、「やさいぬファッションアンバサダー」を委嘱させていただいた、俳優でアイドルの北村悠さんにお会いしてきました!

 

発表の記事でも書いたように、まさかのお洒落な着こなしにスタッフ一同驚愕したわけですが、そのきっかけは北村さんのこちらのブログでした。

ここに至るまでの経緯なども含め、色々お話を伺わせていただきました!

 


 

スタッフ「北村さん!今日は取材をお受けいただきありがとうございます!やさいぬファクトリープロジェクトスタッフです!」

 

北村さん「よろしくお願いします!」

 


スタッフ「(礼儀正しい素敵な人だ…)早速、色々聞いていきたいと思うんですが、まずは、ライブでTシャツを着ていただいた経緯についてお伺いできたらと思うのですが… 

 


北村さん「Twitterで見て「あ、これいいじゃん」って思って、第一印象です。とりあえずどうやって買えるんだろうと思って、調べて…よくわからなくて作者に電話しました(笑)」

 


スタッフ「そんなスピードで決めていただいたんですね!(驚愕)」

 


北村さん「可愛かったんで…でも千円くらいかなって思ったら意外と…いや可愛いから良かった!(笑)」

 


スタッフ「(笑!!) それは残念でしたね…(笑)ライブ衣装を迷われていたんですか?」

 


北村さん「いつも迷うんです。でもどうせだったらパンチの効いた服、無いかな?って。いつもかっこいい服ばかりじゃつまらないから。そしたらちょうどよく居たんです。やさいぬが(笑)

 


スタッフ「運命的ですね!(笑)ブログで拝見したんですが、何やら話によると衣装の写真はあの一枚しかなかったとか…」

 


北村さん「そうなんです!本当はライブ中の写真とかもあるんですけど、会場が広いところだったんで(←マイナビBLITZ赤坂)スタッフが撮ってても豆粒くらいの…(笑)唯一あれだけ。。」

 


スタッフ「そんな貴重な一枚をブログに載せていただいたことで、今回ファッションアンバサダーを委嘱させていただくことになったわけですね!」

 


北村さん「奇跡だよね!(笑)小山のふるさと大使を委嘱してもらったのも、市役所にアプローチしたら「いいよー」って二つ返事で返ってきて…今回もね。着てたから「いいよー」みたいな…」

 


スタッフ「(笑)」

 


北村さん「意外にみんな適当なんじゃないかなー…誰でもいいんじゃないかなーみたいな…(笑)」

 


スタッフ「(笑)いや、スタッフは「こんなやさいぬTシャツお洒落に着れるんだ!」と。基本、部屋着向きというか、ちょっとユニークでダサいくらいに思っていたので…その概念を北村さんは変えてくれたんですよ。」

 


北村さん「まあ、あとは…サイズ感もそれぞれあると思うんですけど、今の時代結構オーバーサイズが流行ってたりもするから、そこでは可愛く着れたんじゃないかなーって…」

 


スタッフ「(ファッションアンバサダーっぽい…!)北村さんが着てくれたことで「ああ、着こなせるんだ…!」ということを気づかせてもらったので、本当にありがとうございます。」

 


北村さん「ダサいって、さっきおっしゃってましたけど、それはそうかもしれない。でも「ダサいものをダサいと思って着る」方がかっこいいと思いますよ。」

 


スタッフ「何ですか今の名言!?

 


北村さん「ダサいものってダサいと思ったら着ないじゃないですか。どうして着たかっていったら価値があると思ったから着るわけでしょ。ネタになるのも良い。「何それ!?何そのシャツ!」って言われれば、そのTシャツを着てた人は勝ちですよ。

 

スタッフ「そこに「北村ファッション」の基本や真髄もあるわけですか?」

 

 


北村さん「ありますあります。ああやって俺が着ることで「え?何あれ」って目についた人がいたら俺の作戦勝ちだよね。衣装としては成功ですよ。」

 


スタッフ「なるほどー…!そうですね…!結構やさいぬTシャツの中でも顔がドーンと載ってるインパクトのあるものだったので…それを選んだところもやっぱり、流石なのかなと思います。」

 


北村さん「でも基本的に可愛いから。ダサいけど可愛いから(笑)流行ったじゃないですか。ダサかっこいい。ダサ可愛いはちょうどいい路線かなと思ってます。」

 

 

 

「ゆぅいぬ」について


スタッフ「今回、このファッションアンバサダーに伴って「ゆぅいぬ」というキャラクターができたんですけども、それは最初どんな経緯で誕生したんですか?」

 

 


北村さん「せっかくなら僕自身も、どうにかやさいぬの宣伝に協力できればいいなと思うけど、プラス「α」はそのキャラクターがあることによってもっと親近感が湧いてもらえるかなと…僕もやっぱり関わるということは無責任にはしたくないので、あとはキャラクターも描いていただいて、僕自身それを大事にしてよりよくできればなと、思いました。」

 


スタッフ「北村さんからご提案いただいて、すぐ(作者が)描き上げたらしいんですが、最初の印象はいかがでした?」

 


北村さん「似てねー!wと思いましたね(笑)ただ、キャラクターと北村悠という人間がゆるーい感じが似てるかなあと思いました。
僕を知ってる人たちからはすごく可愛いと評判でしたよ。」

 

 


スタッフ「やさいぬ展に今回急遽「やさいぬファッションアンバサダー」に選ばれた北村さんのブースを作ろうと思っておりまして、その中で「ゆぅいぬ」のグッズもいくつか用意できればと思っているのですが、最後にそんなやさいぬ展にいらっしゃるお客様にメッセージをお願いします。」

 


北村さん「そうですね!まずは、せっかく「やさいぬ展」に限定グッズもゆぅいぬで作っていただいたので、これを完売(笑)…を目標にしていきたいと思います。やっぱり何をするにも目標って必要だと思うので…。今回やさいぬ展も動員500人を目指していると聞いているので、目標があることはすごく良くて。僕を知っている方でも是非協力していただければ…立ち寄るだけでもいいんですよね?

 


スタッフ「そうです!もちろんです!

 


北村さん「まあ立ち寄って…いや、立ち寄ったからには僕のグッズ買って欲しいですけど(笑)

 


スタッフ「(笑)」

 


北村さん「本当にいろんなことやるんですよね。グッズもあれば、イラストも見れて、声優さんのトークショーもあるし…」

 


スタッフ「ベイビー向けの衣料品もあるんです。絵本もパンフレットも。」

 


北村さん「絵本!?岩下の新生姜とのコラボブースも…色々ありすぎでしょ。盛りだくさんの1週間(笑)でもこれだけは言えるのは、やさいぬって僕たちの世代にはピッタリなキャラクターかもしれない。お子さんがいたり、自分じゃなくても親戚や友達にいたり。喜ばれるんじゃないかな。」

 


スタッフ「そうなんです。まさにその世代が購買層No.1なんです。自分で買うのもいいし、プレゼントにも、って思っています。」

 


北村さん「「何これーーー???ダサいのーーー」って(笑)」

 


スタッフ「(笑)最近、作者やスタッフの間でも、やさいぬのことを「野菜と犬のちょっとキモイ生き物」と呼んでいます…(笑)
愛を持ってですよ!!!」

 


北村さん「そのくらいゆるい方がいいと思う(笑)すごいいいと思う(笑)ゆるいけど、やさいぬも決めるところはパチッと決める感じ。」

 


スタッフ「まさにそうです!そんな感じで頑張っていきますので、ぜひ北村さんにも今後ともお力添えをいただけたら嬉しいです。」

 


北村さん「いやもう、是非とも!みなさん、やさいぬ展遊びに来てくださいねー!」

 

 

終始笑顔で対応してくださった北村さん。本当にありがとうございました!


 

やさいぬ展で北村悠さんのおしゃれな着こなしをチェック!

展示では、やさいぬファッションアンバサダー北村悠さんによる、おしゃれな着こなしショットをご紹介します!

是非その全貌は会場でお楽しみください!

 

また、「ゆぅいぬ」グッズもご用意!

まずは、アンバサダー記念バッジの発売が決定!

 


 

やさいぬファクトリー公式Twitterもフォローしてくださいね!